スポンサーサイト

2014.04.20 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 178 $の負け & 映画「グリーン・カード」について

    2014.04.11 Friday 06:27
    0
      う〜〜んこの間受けた健康診断の診断結果が戻ってきてしまった!| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ ニョキ♪

      結果は・・・最悪♪タタタタタ…(((((*。:・'(ノ^ω^)ノ*:・'゚☆.

      まずは減量を始めないと駄目だから
      う〜ん、ダイエットか。。( ─┬┬┬┬┬─ ー ─┬┬┬┬┬─ )ウフフフッ

      節食は不可能だから
      運動しよかヽ(´・`)ノ フッ

      何がいいかな〜?・・・(゚_゚i)タラー・・・
      楽に始められるスポーツといえばキャッチボールなのかな
      ミーにとっては(-。−;)

      だがしかし、一人だと継続は難しいだろうなあ(;^_^A アセアセ・・・
      誰か一緒にやれる仲間を探さないと(-ι- ) クックック

      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

      ここのところ映画にハマりまくっているのでレビューを紹介していきたいと燃えております!!!キャハキャハ!!(^Q^)/゙

      はい??あなたのレビューではないの??
      なんて感想は華麗にスルーします ̄∇ ̄)/□☆□\( ̄¬ ̄ カンパ-イ!


      今回は「グリーン・カード」の感想を紹介しようかと思っています!!!ヽ(*^∇゚)oC□☆□Do(゚∇^*)ノ カンパーイ♪


      この映画が作られた年は1990年です!!!!

      監督はピーター・ウィアーで、脚本がピーター・ウィアーです!!(゚×゚*)プッ

      この映画のメインは何と言っても!!!ジェラール・ドパルデュー (ジョージ)です「(ーヘー;)え〜と...

      この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
      ジェラール・ドパルデュー (ジョージ)、アンディ・マクダウェル (ブロンティ)、ビビ・ニューワース (ローレン)、グレッグ・エデルマン (フィル)、ロバート・プロスキー (弁護士)、ロイス・スミス (ブロンティの母)、ジョン・スペンサー (ハリー)って感じですね(*゚▽゚*)

      なかなか面白くて素敵なシーンも沢山あって、
      好きな作品です。
      お互いの事情のため偽装結婚した男と女。

      面接が上手くいけば即離婚するはずだった2人。
      最初は当然全く噛み合わなかった2人が
      喧嘩しながらも一緒に過ごすうちに
      少しずつ距離が縮まっていって最後は
      ・・・とストーリーは予想通りです。
      でも、どんでん返しが痛快な映画もあれば
      、予想通りに行ってほしい映画もある。

      「グリーン・カード」はまさにそんな映画で
      はないでしょうか。

      お互いの特徴を確認しあうシーンで
      ドパルデューが自分で自分のことを
      「鼻は特大」と言ったのには思わず笑ってしまいました。



      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

      麻雀の役って一杯ありますよね〜。┗|*`0´*|┛ワッハッハ!!
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
      という事で、今回は七対子を説明したいと思います!!(o^∇^o)ノ


      二翻役の1つ。

      普通は面子が4つの雀頭1組から成るのが役ですねが、七対子は例外の1つである。

      元々はアメリカで生まれ、「緑一色」と共に日本へ逆輸入された役。

      対子(トイツ)(同じ牌が二つある状態)を7つ揃えることで役が成立し、
      覚えやすいが作りにくく単騎待ちになるんですから少々和了りにくい。

      が、必ずメンゼン手になり、リーチ(立直)をかけて裏ドラが乗れば
      2枚は確定だから点が伸びやすく、断公九なども絡むと更に伸びる。

      また、単騎待ちですねので、リーチ(立直)をかけなければ待ち牌の変更はしやすい。


      特殊な面子構成ですねため、符計算はロン・ツモに関わらず
      原則25符として計算されてしまうが、50符1翻や30符2翻とするなどのローカルルールもあります。


      ルールとしては、同じ牌を4枚使用した場合に
      七対子(チートイツ)と認めるか否かという取り決めがあります。

      日本では三人打ち麻雀で認められている場合もあるが、
      一般的には認めないものとして打った方が無難ですo(・Θ・)○☆パンチ!

      なお、各麻雀団体による公式ルールやオンラインゲーム等では原則認められていない。

      また、イーペイコーの形が手中に入ることもあるが、
      これとは複合することはなく七対子だけとなります。

      二盃口(リャンペーコー)が入った際は、高い方の得点を取るルールから、
      二盃口(リャンペーコー)が優先されちゃう。


      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう
      ↓↓↓↓


      ------------------------------------------------------

      七対子(出現割合:2.52%)
      役満である国士無双を除くと唯一の特殊形がこの七対子。
      もちろんDORAでは符計算はそのまま採用なので、点数自体 「二飜=1,600/2,400、三飜=3,200/4,800、四飜=6,400/9,600」(子/親)と計算される。
      尚、七対子なので同じ槓子(同じ牌が4枚)は認められない。

      ------------------------------------------------------

      ・・・とこんな感じo( ̄ー ̄;)ゞううむ



      どら麻雀

      本日はこの辺で!
      今日は何故か腰が痛い。。治ってほしいなあ。。
      疲れたので寝よ〜っとオ(メ▼O▼)ヤ(メ▼◇▼)ス(メ▼。▼)ミ(メ▼皿▼)┳*--バキューン!!



      おすすめ記事




      category:- | by:a0tfidaucomments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      2014.04.20 Sunday 06:27
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           

        PR
        Calender
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        Selected entry
        Archives
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM