スポンサーサイト

2014.04.20 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 47 $の勝ち & 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」について

    2014.04.20 Sunday 00:37
    0
      今朝のMBS・ぷいぷい占いでは凄い良い結果だったから、
      今日は新しいことに挑戦してみようかな?
      ここんとこ、バレーボールを慣習にしようかとウズウズしてるんですよね[壁]ー ̄)ニヤッ( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤーーーリッ
      さりとて、始めるとなるとなんだかんだと買いに行かないといけないんだよな〜(;´▽`A``
      はー。。面倒臭い(;_; )( ;_;)ヤンヤン

      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

      映画って本当に面白いですよね〜
      そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と燃えておりますヘ(^∇^ヘ)ヘ(^∇^ヘ) ウヒョヒョ
      とは言ってもみんなのシネマレビューですがヾ(^▽^*おわはははっ!!


      今回は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の感想について紹介しようかと思っています!!!!(`ー´) クククッ


      この映画が作られた年は2012年です。

      監督は庵野秀明と摩砂雪で、脚本が庵野秀明です。ブワッハハ!(▼▽▼)人(▼▽▼)ブワッハハ!!

      この映画のメインは、碇シンジ (緒方恵美)や葛城ミサト (三石琴乃)です!!(━_━)ゝウーム

      この映画の声優さんを列挙すると、緒方恵美、三石琴乃、林原めぐみ、宮村優子、山口由里子、石田彰、立木文彦、坂本真綾、清川元夢、子安武人って感じですね(-L-)ククク

      旧作からのファンです。

      今作は新しいストーリーと新しいキャラクターが
      沢山登場して、旧作にはない展開を
      見せていました。

       まず、エヴァ用語が多くて、序破から見始めたファンに
      とっては難しい内容だと思います。

      見終わった後の周りの反応はほとんどが
      ?でした。

      私は解説サイトなどを通じてある程度の設定を
      知っていたので、ある程度理解して楽しめました。

      勿論わからない部分も多かったですが

      キャラクター重視というよりはストーリー重視なので
      、淡々とストーリーが進行する印象で
      した。
      戦闘シーンもあまり多くはないです。

       解説などを通じて設定を理解したところで
      、何か得る物はないような気がします。

      なので、今回の序破Qはエンターテイメント作品だと思いました。

      わかりやすい展開だから多くのファンが
      生まれたと思います。

      今作では、ヒーローになったシンジ君が
      皆の為に頑張るけど、失敗する。
      こうなったら、次回作では素直に王道展開のハッピーエンドに
      してほしいなと思いました。
      個人的にはこのような展開は物足りなく感じるので
      、可もなく不可もなくといった感想で
      した。

       ただ、ある程度のエヴァ的設定を
      知っておいた方が楽しめます。

      その方が映画料金が無駄にならないで
      すよ。


      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

      麻雀の役って一杯ありますよね〜( ̄w ̄) ぷっ
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
      という事で、今回は九蓮宝燈に焦点を当てたいと思います!!!(*^m^*) ムフッ


      役満の中でもかなり難易度が高い役で、
      ある統計によると純正九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)は天和・四槓子(すーかんつ)と並んで最難レベルの役になっている。

      純正でない九蓮ならいくらか出現率は高いようでしょうが、
      それでも他の役満に比べるとずっと難しいε- (´ー`*) フッ


      そもそも何故九面待ちを「純正」と呼ぶかというと、今でこそ待ち方は不問であるが、
      かつての九蓮宝燈は九面待ちだけに限られていた。

      すなわち、純正な九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)ということで、「純正九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)」と呼ばれている。

      同様に、今でこそ待ち方が不問である国士舞双(コクシムソウ)も元々は十三面待ち、
      四暗刻(スーアンコー)も単騎待ちのみに限られており、これらが純正な姿ですからあります( `.∀´)イヒッ(旭化成風)


      さらに大昔は、九面待ちですと同時に、
      一気通貫が含まれているという条件もあった。

      つまり九面待ちで聴牌しても九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)としてアガれるのは1と9のみであり、
      それ以外の同色牌で上がるとただのチンイツとなった。

      この時は九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)九面待ちというより、
      九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)二面待ちといった方がいいかもしれない(≧ω≦)b OK!!


      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう
      ↓↓↓


      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      九蓮宝燈(出現割合:0.00045%)
      九蓮宝燈も若干ルールによって変化するであろう役満。
      DORA麻雀では九面待ちでダブル役満になるローカルルールは採用されていない。
      また、九蓮宝燈はマンズかどうか? と気になるところだが、DORA麻雀ではマンズ、ソーズ、ピンズの全て九蓮宝燈を採用している。

      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      ・・・とこんな感じの説明です。"o(-_-;*) ウゥム…


      明日はやっと幼稚園の友だちとの麻雀だよ♪
      楽しみだなあ〜〜うふふっ(*゚v゚*)

      DORA麻雀の戦略




      おすすめ記事




      category:- | by:a0tfidaucomments(0) | - | -